2018年 05月 29日 ( 1 )

「我」であり続ける為に

c0366041_22052388.jpg


 この度「脳ドック」とやらを初めて体験してみることにしました。(計画段階

 しかし
 その決意までは早かったものの、いざ下調べに入ってみると選択肢すらまとまらず、専門用語とその解説を一読するだけで疲弊気味なのです。いつもながら、医療用語の解説は難解です。

 で、決断や選択ができない軟弱メンタルな方向けに「お任せフルセット」とかいうコースもあるようですが、検査するより首から上を交換した方が安いのではないか?と思わせる高額ぶりです(毒

 そんな脳ドックの主役的な機器と言えばご存じ「MRI」。
 その昔、調子に乗り気味だった若かりし私は"不良スピリチュアル"な妄想の末にバイクで転倒事故をやらかし、目を覚ますとハンマーで殴られているような爆音のする診察機器の中でした。
 これが人生初のMRIだったのですが、周囲の方に伺うと、今のやつは相当に静かだとか(そうなの?)。

 さりげなく補足しておくと、単車は川崎のエリミネーターです。お気に入りだったんですよ(脱線

 そんな訳で、脳の萎縮?海馬の異変?判断能力と痴ほう?脳血流とプチ脳梗塞の痕跡? 云々云々 と、しばし悩みながらも楽しめそうな状況なのです。

 診察後は、冗談言いながら診断結果を公表できれば良いのですが、、、いや、まさか ね



May 29



[PR]

by 108_lapis | 2018-05-29 23:02 | 思うこと - moderato | Comments(2)