遺伝子まで理解していても、天気は変えられない

c0366041_20282312.jpg

起床時の部屋の温度は12度
前日まで30度に迫る陽気が続いたので、
その落差に驚かされる

そしてニュース
道内のあちこちの峠道で降雪しているとか

手間をかけて、しまい込んだ厚手の服は
6月中旬にもなって再登場

我が家の畑では、
陽気の中でイチゴが青い実を付け
部屋の中では
花を咲かせ始めていたコーヒーの木

皆、一同に困惑気味の様子

そうか
君たち、丸裸だもんね

が、俺のせいでは無いぞよ


June 14



[PR]

by 108_lapis | 2018-06-14 20:44 | 思うこと - moderato | Comments(4)

Commented by なつ at 2018-06-16 20:15 x
こんばんは。
花の命は短くて、

コーヒーの花、ブラジルの農園では雪景色のようでしたよ。
お茶にしても良し、眺めても良し
部屋も外も雪、雪、雪、、、

あああああうらやましいです。
Commented by 108_lapis at 2018-06-16 23:15
> なつさん
おや?どうしましたか?
取り除けない「何か」を抱えているようですが、、(あはは

「雪」を素敵に感じるのは、
僅かな刻(とき)しか、共にしないからです(観光気分

可能なら、
ひと冬くらいを富良野で過ごしてみてください。

春の頃には「どかジャン」を常着し、軍手で除雪作業を続け、鼻水が垂れる事など恥ずかしく感じない程の「雪国の勇者」になっているはずです。

そして、雪解けを迎えた大雪山にこう叫ぶのです
「ほたるぅぅぅ~!!」とね(抱腹気味


#吾郎は元気でいるのかな
#ちーちー懐かしい
#誠意って何だろうね
Commented by なつ at 2018-06-17 02:01 x
文太さん、素敵です。

ここだけのお話
移住計画などを少しずつ考えています。美瑛に。まだまだ先のお話。
あーーーぁぁ内緒ですよ!

ちなみに私、オレゴンから愛も好きです。父の受け売りですけど(笑)
Commented by 108_lapis at 2018-06-17 09:43
> なつさん
彼の地は
どこに行っても土と山と風の匂いしかしません

四季はいつも静かで、
雲の流れで時を計るような場所です>美瑛

ただし
雪の量はシャレになっていません(現実は厳しい

右!左!体を回しながら上に放るように!
今から訓練しておきましょう>除雪作業

もちろん、
練習時のユニフォームの基本は「吾郎」です(あはは


#今すぐ「どかジャン」で検索
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。