僅差はあるが、勝者はない

c0366041_17454042.jpg


「炊飯器」の選択に難儀してます。

数か所の店舗を巡り、各々の店員さんの意見をまとめると、まず「しっかり」な炊きあがりを好むか、はたまた「もっちり」を望むか で機種を選択するのが入り口だ とのこと。

また、今はとても重くてぶ厚い土窯のタイプを使っているのです と伝えると、どうやら、それはとても良い機種らしく、金属にセラミックを巻いた軽いタイプの土窯(的な)機種もあるが、炊きあがりの良さは若干落ちるだろう。

ましてや、各メーカーの主流にもなっている一般的な(薄い)金属窯に至っては、例え現在の高性能な機種に替えても「新しい炊飯器にして良かった」とは思えないだろう。と

成る程、ではどんな機種がお勧めかと聞くと、「南部鉄器の窯」一択 ・・じゅ、10万円也?(汗

まずその値段より、南部鉄器の窯を装填した炊飯器が市販されている。という現実に驚愕。
安易に決めるつもりだった私は、第1ラウンドで早々に顎先を打ちぬかれ、膝をがくがくさせながら退散。

「南部鉄器」って何ですの?という方はこちら → 南部鉄器とは

これは長い検討になりそうな悪寒 そんな今日なのです。


January 28


[PR]

by 108_lapis | 2018-01-28 18:33 | 雑記 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。