blue

c0366041_22325687.jpg
[ Fujifilm X100T ]

荒涼(こうりょう)な様相というのは、
なかなか収められないものです。

感度を変え、絞りを調整し、SSを少しずつ変化させ

総100枚弱の中に
素人な私ですら
何とか許せる程度の1枚すらも無い

モニターの前で疲笑

良い経験をしています(はい

c0366041_22325607.jpg
モノクロームな世界に惹かれ
気持ちが溶け出している現在ですが

黒一色で
豊かな諧調をもって世界を表現する
という常識(?)な感覚ではなく

c0366041_22325609.jpg

陰(かげ)で埋め尽くしたい
という摩訶不思議な視点になっているのです。

んー

なんだか
上手くいかないのです。


c0366041_22325625.jpg

こういう1枚の時
きっと向こうに見える明るい部分との
コントラスト等を見る(撮る)んですよね。

自分は
右側にある吸気口の中から聞こえる
咆哮にも似た呻き声を何とか切り取ろうとしてました。

あれ?
実は病んでたりするのか?(怖

明日はちょっと
撮影技法の本でもみてこよう

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-19 22:56 | 思うこと | Comments(0)

Dark side ~ 2015/05/17

他人に対する"期待"は
常に存在し、

しかも、
あらゆる面において
瞬時に生じる。

あいつさえ いなければ
あの人が 失敗したら

その意志は、
自分の「闇」が囁(ささや)く声


誰も気付かぬ
自分自身の裏側

そしてある日
己への期待を、自らが裏切る時

c0366041_16382892.jpg

人は、
邪悪との契約を迫られる。


開けるのか、
忍(しのぶ)のか

僅かに漂い漏れる甘美な香り


ようこそ
こちらの世界へ


[PR]

by 108_lapis | 2015-05-17 16:58 | 漆黒から創る世界 | Comments(0)

風に乗る香り

判断、指令、選択、
全ての命令に反応せず。

我が前頭葉は
予告なしのメンテナンス日

c0366041_15250452.jpg
[ Fujifilm X100T ]

まぁ、イイんです。
その程度のスペックな脳ですが、
随分と長いつきあいなので(微笑

c0366041_15234629.jpg

ご近所での日曜ランチ
今日は、周囲の会話が妙に耳に入ります。

そのほとんどは
不平、不満、苦情、怒り、批難、卑下 にて

そうすることで
来週に向けて心の均衡を保とうとしている

c0366041_15250497.jpg

そういうことなのかな・・

カルマの中に
頭頂部まで浸っているように見えてしまう。

c0366041_15250504.jpg

うぬぬ

自身を律せねば

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-17 15:48 | 思うこと | Comments(2)

雨音の中で

傘をささずに
交差点を走るスーツの男たち

雷鳴の度に声をあげる女の子たち

ビルの庇(ひさし)に立ち、
雨音が止むのを待つことができる時間

c0366041_21333975.jpg
[ Fijifilm X100T ]

神社祭の幟はズブ濡れでもはためき
電飾の作業員は手水舎の屋根の下で困り顔

c0366041_21333709.jpg

すえたような古木特有の匂い
なんだか懐かしくもあり

c0366041_21333884.jpg

すっかり過ぎた昼時に、
目に入った店で空腹を癒してみる

c0366041_21333866.jpg

おや
スリランカ・カレーって、
うん 美味しいねぇ

c0366041_21333850.jpg

気が付いてみれば
もうメンテナンスとか改修とか
きっと無いだろうな というくらいの古ビル

これは何かあるかも

ガタガタと安定しないエレベーターで俳諧

ここまでくるとマニア向けだ
と思われる小さなお店が結構あって楽しい

外に出てみると
水溜りに太陽が写る

さて、帰るとしますか。


[PR]

by 108_lapis | 2015-05-14 22:17 | 思うこと | Comments(2)

色はにほへど散りぬるを

我が世たれぞ 常ならむ

うむ 素晴らしい(納得

c0366041_20445051.jpg
[ Fujifilm X100T ]

「儚(はかな)さ」の中に美を置き、

天地にあっては、
人の為すものなど、ほんの一瞬だそうな

c0366041_20445103.jpg

意図しなくても
息がゆっくりとなり、目が細くなりますねぇ。

あぁ、自分の茶室が欲しい(何となく

c0366041_20445157.jpg

やはり
ふらふらと出歩いてみるのはイイ。

風の中に、
溶けていけそうな気がします。

c0366041_20445144.jpg

「こんにちは
 太陽は、どっちの方角かご存知ですか。」

そう言ってます。
ええ、間違いなくそう言ってます(病的



[PR]

by 108_lapis | 2015-05-13 20:58 | 思うこと | Comments(3)

靴底

自分の努力を誇示する人
頑張っている様を気付かれるようにする人

認められたい
褒められたい
優しくされたい
人気者になりたい
人の上に立ちたい
羨望される者になりたい

全て
人の「業(karman)」にて候。

c0366041_23060143.jpg
[ Fujifilm X100T ]

黙々と働き続け
何物にも左右されない

減った靴だけが知る日々

c0366041_23060218.jpg

ここに居れば安穏としていられる
風も当らない
雨に塗れることもない

でも、
ほんの少しだけ見上げれば
広大な世界があることは知っている。

せめて
「虚無」を直視できる者になりたい。


[PR]

by 108_lapis | 2015-05-11 23:20 | 思うこと | Comments(2)

想うでも無く、呆けるでもなく

はて。。
自分の仕事は何だっけか?
と素に思うほどの休暇が本当に必要か。

うーん・・・悩

c0366041_16163353.jpg
[ Fujifilm X100T ]

結構長めに で良いので
呆けることのできる時間があれば
それでイイかもしれない。です。
>貧乏性

そんな事をつらつらと思いつつ、
運ばれてくる美味しそうな食事を口にしつつ、
滔々に流れる夕景の調べを感じてる時間こそが
「贅沢」なんだろうなぁ。

c0366041_16163321.jpg
木製のテーブル
最近は、ゴツゴツとしたレトロ調なものを散見しますが、
こうした艶仕上げの板は清潔感がありますね。

c0366041_16163387.jpg
もうしばらくすると
こちら(北海道)は短い夏季になります。

暑さには本当に弱くて、
またあの季節になるのかと思うだけで・・・

あれっ、
言ってる程の影響は
意外に受けてないかもな(笑

c0366041_16163265.jpg
湿度が常時に「高止まり」となるような
地区のカメラマンさんはカビの対策も
大変そうですね。

α6000を使っていた時は、
防湿庫の必要性すら認識していませんでしたが、
「梅雨」の直撃を受ける地方では必須とか、、

では東南アジア等の海外旅行の期間って
どうしているんでしょうか。(無知

c0366041_16163416.jpg
おや、
今回はイイ感じになったかも
>モノクロ仕上げ



[PR]

by 108_lapis | 2015-05-10 17:11 | 思うこと | Comments(4)

Dark side ~ 2015/05/09

「光(ひかり)を見るか、陰(かげ)を感じるか」
ずっと思案を続けていたものの、
その答えを見出す路程すら感じられず。

ついては、
漆黒(陰)から物を視てみることとした。

c0366041_20221752.jpg
[ Fujifilm X100T ]

昇るしか許されない。
光(ひかり)は壁の向こうであり、
彼の地への扉など無い。


立ち止まれば、永遠の休息となろう。
立ち戻れば、僅かに温もる光すら失う。

挫折した者の骨を踏み砕き、
己の肉を裂いても、昇るしかないのだ。


[PR]

by 108_lapis | 2015-05-09 21:07 | 漆黒から創る世界 | Comments(4)

遺されし「跡」 ~ 北海道「旧/中湧別駅」

北海道湧別町のチューリップ公園は、
今が最高の開花状態です。

無論、山のように撮りました。
その周辺でも結構な数のシャッター。

しかし、
現像に手を付けたのはこれです。

c0366041_20221838.jpg
[ Fujifilm X100T ]

退廃的というか、
人の知恵の流れから取り残された事が
一目でわかる「錆」の有様

c0366041_20221729.jpg

合わせ物の板バネ
軽量を追求される前時代の重量車体を、
鋼(はがね)がその面で支えていた。

そこに
美しさなど求められるはずもない
波を打ったように塗られている漆黒の錆止め

c0366041_20221768.jpg

その車両が乗る軌道は寸断されており、
鋼(はがね)の魂に火が入る事は二度と無いのでしょう。

c0366041_20335534.jpg

車体から漂う
僅かな鋼鉄の匂い

良い場所でした。


「上湧別百年記念公園 中湧別駅記念館」
所在地 紋別郡湧別町字中湧別中町3020-1

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-09 20:47 | 思うこと | Comments(2)

北菓楼 ~ 北海道砂川市

次は夏休みだな
と思えるポジティブ感覚が羨ましい。

c0366041_12475803.jpg
[ Fujifilm X100T ]

通常、
「本店」というと1つな感覚ですが、
複数存在する場合もあったり。

c0366041_12475543.jpg
入口に近づくだけで
何やら美味しそうな香りが強くなります。

c0366041_12475765.jpg
店内には喫茶があり、
今回はここで休憩。

出発して
まだ1時間も経っていませんが

c0366041_12475768.jpg
誰が手に取る訳でもなく、
そうした目的に設置されている
とも思えない書棚

c0366041_12475812.jpg
でも、
この書棚が創り出す「雰囲気」は
きっと狙い通りなのだと思います。

c0366041_12475796.jpg
「飾り」とするには勿体ない書籍
時間があれば、読んでみたい代物も多数

c0366041_12475559.jpg
良い一時(ひととき)でした。
これから長距離運転があることを
すっかり忘れてしまっていました。


「北菓楼:砂川本店」
所在地 北海道砂川市西1条北19丁目2番1号
電話 (0125)53-1515

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-08 13:02 | Comments(2)