ヒグマと闘う前に行方不明

c0366041_21053575.jpg
- voigtlander nokton classic -


"活動限界"

アニオタで無くても
結構、知られている単語ですが

一部に崩落もある急斜面に
老体 with 緩重Body で挑むと
突然その状況に陥るのです


今だから
笑って言えてますが

「プチ滑落」を
体験するところでした(怖


そんな
大雪山帰りの私


あ、そうそう

[ 事務連絡 ]
クマとは遭遇しませんでした


September 4


[PR]

by 108_lapis | 2017-09-04 21:19 | イベント・・的な | Comments(2)

蝦夷の庶民、フランスへ行く / 新千歳空港国際ターミナル

c0366041_21412354.jpg
出発の前日まで多忙の連日であったから。

なんて、言い訳にしか過ぎませんが、
都「パリ」に初めて向かうにあたって、
全くの準備不足な状態。

往復の空路予約
パリとモンサンミッシェルでのホテル予約
モンサンミッシェル往復のTGV予約

以上!(あははは

c0366041_21412638.jpg
それでも、
旅を終えてみると「それはそれで」
と思えるくらいに日々を楽しく過ごせました。

高度 10,000mの想い


- Fujifilm X-Pro2
- Leica summicron 50mm/F2.0

[PR]

by 108_lapis | 2016-09-14 22:54 | イベント・・的な | Comments(2)

蝦夷の庶民、フランスへ行く / 疲労と所見

c0366041_22232084.jpg

ボンソワー ムシュー
金曜に帰国
計8日間の渡仏旅行でした。

翌、土曜は昼過ぎまで
目を開ける事すら無く寝続け、
どうにも体内時計が整わないまま
社会復帰の週明けを迎えます。

パリでは、
移民の多い地区を意図的に踏まなかった
ということもありますが、

「スマホを見ていたら横から強奪される街」
といった雰囲気は全くありませんでした。

そもそも
地下鉄内でも結構な人数が
ピコピコやってましたね。

そうはいっても警戒は必要で、
連れは、1度だけスリに遭遇。

でも
カンボジアの時より、
「危機の予感」レベルは低かったな(うん

そんな印象。

さて、
ポツりポツりと
回顧録をやっていきます。

- Fujifilm X-Pro2
- summaron F3.5/35mm



[PR]

by 108_lapis | 2016-09-11 22:37 | イベント・・的な | Comments(6)

蝦夷の庶民、フランスへ行く / 右往左往

c0366041_22284314.jpg

もう渡航は目前。準備は未完。

こんな時に限って、
職場では色々と事件も起きたりします。

2大目標の一端「リール蚤の市」は
某無法者集団のおかげで中止

もう、巴里市内をウロつくしか無いのですが、
どうか、身ぐるみ剥がされませんようにと願うのみ。

ああ、送迎タクシーの連絡を忘れてた・・
と思ったら、
現地支店に電話するべし との説明

ボンジュー、ムシュー!
うむ、掴みはイイね

で・・その後は・・・


- Fujifilm X-Pro2
- summaron 35mm/F3.5

[PR]

by 108_lapis | 2016-08-30 22:45 | イベント・・的な | Comments(2)

蝦夷の庶民、フランスへ行く / 準備

c0366041_09362788.jpg
今年の大きな計画 "9月にフランス"

地元(欧州全体)の状況はご存知のとおりですが、
とりあえず は着々と進んでいる。

まぁ、ここまできたら何とかなると思っていた矢先
以前にネットで予約していたTGVから
「おめぇの買った復路の列車は運行中止だぜい」のメール

まぁね メールの内容(中止理由)を
私がちゃんと確認しなかったのが悪いのですが、
移動手段を失った という事に慌ててしまい、
ついつい、別時間の列車を改めて予約

そして、その後に知る驚愕の事実

 = リール "蚤の市" が第二次大戦以来の中止決定 =

・・・え?え?えぇっ?? ww・・

で、そこから先は
まさにローリングストーンズ

全てキャンセル返金不可のチケットなので、
慌てて追加購入したチケットを含め

Parisからlilleまでの
往路+復路×2= 問答無用のお支払い

うむ アホだな
最後の追加分は失態としか思えない(嘲笑

SNCFからのメールにあった
「イベントの中止による変更」
ってトコを見落としてましたよ っとね

さてさて・・

あ、そうそう
・「リールの蚤の市」は このあたり
・中止のお知らせは このあたり
・SNCF(TGV)は このあたり


- Fujifilm X-Pro2
- Zeiss c sonnar 50mm

[PR]

by 108_lapis | 2016-08-11 10:21 | イベント・・的な | Comments(2)

源氏の路にて(その7)- X100T

c0366041_12024473.jpg

= Fujifilm X100T =

そこに見得る様は
二度と観ることは叶わず

現世(うつしよ)とは、
陽炎の如く



[PR]

by 108_lapis | 2016-06-05 12:08 | イベント・・的な | Comments(0)

源氏の路にて(その5) - X100T

c0366041_10404943.jpg

= Fujifilm X100T =

生き様を背負う猫
眼差しには「憂い」も感じてみたり

c0366041_10404917.jpg



イイ処でした
ホントに思います>鎌倉

c0366041_10404929.jpg


さて、
洗車でもするかな

そんな日曜日


[PR]

by 108_lapis | 2016-05-29 11:13 | イベント・・的な | Comments(0)

源氏の路にて(その4・鎌倉) - X100T

c0366041_19521923.jpg

= Fujifilm X100T =

右手にカメラを持ったまま

一日中、歩き回っても
違和感のない時間

そんな場所

c0366041_19522073.jpg


たまらない
満足感

この辺りに住んだら
きっと毎日が・・

おっと(危


[PR]

by 108_lapis | 2016-05-20 20:19 | イベント・・的な | Comments(6)

源氏の路にて(その3・北鎌倉) - X100T

c0366041_19361487.jpg

= Fujifilm X100T =

「明月院」
本堂の円窓です

写真では知るところですが、
自らの目で観ると

c0366041_19361428.jpg


「趣(おもむき)」とは
かくありき
己は、何を感ずるか


問われているかのよう

c0366041_19361430.jpg


日本の創り
茶道の源流にも通じる理念

深いですね

うぬは
まだまだ じゃの

そう
言われています

いやはや



[PR]

by 108_lapis | 2016-05-16 20:07 | イベント・・的な | Comments(0)

源氏の路にて(その2) - X100T

c0366041_16360383.jpg

= Fujifilm X100T =

澱むような湿気を感じながら、
形残るも絶えた姿や、地に還りつつある姿といった、
「終えた者」の姿がどうしても目に入ります。

でも、
自然から
その姿を受けたままのそれらは、
確実に次の「生」の糧にもなるのです。

c0366041_16360399.jpg


私たちが
その知恵の末に生み出し、
自然界には実存しない物々たちは

地に捨てられた後、
海に流された後、
節理に従い「次の命」の糧に?

c0366041_16360356.jpg


墓標は
「石」で良いのだと思います。

永久に姿を留める
特殊樹脂で人工形成された墓などに
何の価値が?

鎌倉での
とある瞬間



[PR]

by 108_lapis | 2016-05-15 16:49 | イベント・・的な | Comments(0)