2015年 11月 30日 ( 1 )

木造故に感じられる暖かさ

c0366041_21540833.jpg
[ Leica M8 + Voigtlander ultron 28mm F2 ]

北海道美唄市にある「宮島沼」は、
マガンの寄留地としてラムサール条約に登録されている場所です

例年、北海道の内外から
バズーカレンズを抱えたカメラマンが集結する場所です。

で、「福家Cafe
そのすぐ傍にある古民家の再利用なお店なのです。

金、土、日にしか営業していないのですが、
平日に自由のきかないリーマン(自分)には憩いの場です。


c0366041_22062287.jpg

この日は、初装着のUltron- 28mm/F2

当面、非球面はできるだけ避けておこう と思い、
エルマリートか、ウルトロンか・・で、
随分とネットのサンプル画を放浪していましたが、

M8で使う という状況に関しては、
これで良かったのだろうと思っています。


c0366041_22062380.jpg

木枠な古民家の窓と、懐かしい模様の硝子

どうでしょうか。
自分としては、欲しい色が出ているなぁ と感じてます。

相棒(X100T)もそうなのですが、
最近は、どちらも50mmで撮っていたせいか、
慣れないと、ちょっとこの広角さを持て余しそうです。
(X100Tにはテレコン装着中)

ウルトロンはF2の割に、結構、思い通りにはボケないです。
何故なのだろう(うーん

ズミクロンも含め、UV/IRフィルターも常着してはいますが、
これ、いかなる時も必要なのだろうか・・(調査不足

壮絶と聞く「M8のマゼンタ被り」を体験してないせいか?
いや、もう出ているが気が付いて無いだけか?

うーん
うーーん

そんな月曜日

[PR]

by 108_lapis | 2015-11-30 22:25 | 思うこと - moderato | Comments(4)