安息の劫火 - X100T

c0366041_11134178.jpg
[ Fujifilm X100T ]

Médecins sans frontières - 国境無き医師団
「また」犠牲が出てしまいましたね。

やりたい同志が好き放題をされるのは結構だし、
我が信仰こそ正義とし、異なる者を迫害するのは
有史以来、一度たりとも絶えぬ現実

知恵のある者は金と権力をもって大勢を従え、
知恵の無い者は暴力と恐怖(威圧)によって威勢を示す。

その中で蠢(うごめ)く者たちは
従うのか、嘆くのか


c0366041_11134166.jpg

隔てなく救おうとする者ですら
その刃にかける

既に、人の所業に非ず。

慎ましやかに生きるだけを望む者に、
己の様を強いて鞭を打つ

世界はいまだ劫火の中

そんな
嘆きの月曜日

[PR]

by 108_lapis | 2016-01-11 12:38 | 思うこと - moderato | Comments(4)

Commented by Minto-fufu at 2016-01-11 13:20
lapisさん

私も見ました・・。

なんとも心が痛いです。
言葉もありません(ノ_ё)

人間が一番怖いって事はわかってますが・・。
信仰ってなんなんでしょうね!

静かに怒りと悲しみが伝わってきました。
Commented by 108_lapis at 2016-01-11 16:16
> Minto-fufuさん
いらっしゃいませ>姫

仲間たちがこのような目に遭いながらも、
彼らは、医療支援を続けるんですよね。

いや、もう言葉がありません。
Commented by eureka_kbym at 2016-01-12 00:13
どちらが正しいとか言い出せば、どちらも自分の方こそ理あり! と言い合い、その結果、無辜の民が、いちばんの犠牲を負うことになる。
それをどうにかしようと言ってまた犠牲になり・・・。
暴力で正義を貫こうとすること自体がやっぱりおかしいのだと、すべての人が武器を同時に捨てればよいのに、と思います。
Commented by 108_lapis at 2016-01-12 12:18
> eureka_kbymさん
いらっしゃいませ。

数え切れない程の殺戮を繰り返し
いまだに止められない現実

ほんの少し、歩み寄るだけで避けられる場合も多いだろうにと思いますよね。

資源と領土の奪い合いは石器時代から
信仰に基づくものでさえ数千年前から

遠い目になってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。