一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む - X100T

「殺人狂時代」での有名な台詞ですね。

c0366041_22341422.jpg

仕事の関係で広島県へ赴く機会がありました。
初めて訪れる被爆の地、犠牲の地。


c0366041_22341423.jpg

映画にもなった「黒い雨」が
土中を伝って地下室の壁面から
内側に滲み出てきています

雨と聞けば透いた水と思えますが、
「黒い雨」は、コールタールのような雨だったと
そういう記録も残っています。

現に、壁に滲んてきただけの雨の跡は、
いまだに目にすることができるのです。


運良く、閃光と爆風を逃れた生存者

死神は
放射能を含有した追手(雨)で追い打ちをかけました

自らは常に「善」であり、
よって相手方が「悪」なのだという基本姿勢

人は、有史以来、
その繰り返しの中にいますね。

1対1の拳での殴り合いに始まり、
今や人類全体を数度も滅亡させる程になりました。


= 英雄は生まれたのか =


[PR]

by 108_lapis | 2015-11-04 23:04 | 思うこと - moderato | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。