遺構 - X100T

c0366041_17545817.jpg

スリランカの仏塔
仏教国家であったので、国内には多数存在しますが、
その中には、建立の存在がすっかり忘れられ

大英帝国の植民地となった際に、
英国によって山中で再発見されたものが多数

塔頂部まで樹木に覆われていたそうで、
よくもまぁ、ここまで再生させたものだと思います。

いや、それ以上に
覆われた中で、基本的な構造を保ち続けていた

まさに驚愕
周囲を囲んでいたり、天井部であったはずの木造部分は
元の形状など分からない程に朽ちてます。

確か
ローマの地下にも
当時の宮殿がそのまま埋もれていたはず

うぬぬ・・
また行きたいのです

[PR]

by 108_lapis | 2015-10-09 18:04 | 思うこと | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。