雨音の中で

傘をささずに
交差点を走るスーツの男たち

雷鳴の度に声をあげる女の子たち

ビルの庇(ひさし)に立ち、
雨音が止むのを待つことができる時間

c0366041_21333975.jpg
[ Fijifilm X100T ]

神社祭の幟はズブ濡れでもはためき
電飾の作業員は手水舎の屋根の下で困り顔

c0366041_21333709.jpg

すえたような古木特有の匂い
なんだか懐かしくもあり

c0366041_21333884.jpg

すっかり過ぎた昼時に、
目に入った店で空腹を癒してみる

c0366041_21333866.jpg

おや
スリランカ・カレーって、
うん 美味しいねぇ

c0366041_21333850.jpg

気が付いてみれば
もうメンテナンスとか改修とか
きっと無いだろうな というくらいの古ビル

これは何かあるかも

ガタガタと安定しないエレベーターで俳諧

ここまでくるとマニア向けだ
と思われる小さなお店が結構あって楽しい

外に出てみると
水溜りに太陽が写る

さて、帰るとしますか。


[PR]

by 108_lapis | 2015-05-14 22:17 | 思うこと | Comments(2)

Commented by motokids8 at 2015-05-14 23:12
こんばんは。
いつもながら素敵なお写真とキャプションです。
シーンを思い浮かべながら拝見させて頂きましたよ!
雷鳴の度に声をあげる女の子たちを見たかったですが(笑)
いずれも切り取り方が素敵ですが
特に最後の1枚はカッコいいなって思いました。
天井に映し出された影がとても印象的ですね^^
Commented by 108_lapis at 2015-05-14 23:19
> motokids8さん
いらっしゃいませ。
実は何度も挑戦はしているのですが、
motokids8さんのような「芯があるのに柔らか」
という写りに、なかなかできなくて四苦八苦してます。

カリッカリに仕上げるのは本意ではなく、
いつもながら「歯ぎしり」な日々です(あはは
Commented at 2015-05-15 12:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-15 19:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。