遺されし「跡」 ~ 北海道「旧/中湧別駅」

北海道湧別町のチューリップ公園は、
今が最高の開花状態です。

無論、山のように撮りました。
その周辺でも結構な数のシャッター。

しかし、
現像に手を付けたのはこれです。

c0366041_20221838.jpg
[ Fujifilm X100T ]

退廃的というか、
人の知恵の流れから取り残された事が
一目でわかる「錆」の有様

c0366041_20221729.jpg

合わせ物の板バネ
軽量を追求される前時代の重量車体を、
鋼(はがね)がその面で支えていた。

そこに
美しさなど求められるはずもない
波を打ったように塗られている漆黒の錆止め

c0366041_20221768.jpg

その車両が乗る軌道は寸断されており、
鋼(はがね)の魂に火が入る事は二度と無いのでしょう。

c0366041_20335534.jpg

車体から漂う
僅かな鋼鉄の匂い

良い場所でした。


「上湧別百年記念公園 中湧別駅記念館」
所在地 紋別郡湧別町字中湧別中町3020-1

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-09 20:47 | 思うこと | Comments(2)

Commented by motokids8 at 2015-05-09 21:00
こんばんは。
とても年季の入った木造の駅舎ですね!
こういう雰囲気大好きですよ^^
現役ではないようですがこのような場所を残すというは素晴らしいことですよね。
そして2枚目、特に3枚目の質感がすごいです。
まだまだ活躍できそうに見えますよ。
3枚目の右側は除雪の車両だと思いますがすごくカッコいいです!

Commented by 108_lapis at 2015-05-09 21:19
>mitokids8さん
いらっしゃいませ。
普通ならチューリップ公園の様子をアップ

というところなんでしょうけど、
どうにも「花(華)」にはピンきません。

自分自身が歪んでいるのでしょうね(笑
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。