松前城 跡地にて その2

北海道松前城
好天なのは調査済みとはいえ、
満開な淡い桃色で包まれた城
というだけでテンションは上がります。

c0366041_14503723.jpg
[ Fujifilm X100T ]

この松前の後
函館の「五稜郭公園」にも足を延ばしましたが
あちらは既にピークを過ぎており残念な感じでした。

余計に、松前の繚乱ぶりは記憶に強く残ります。

c0366041_14503945.jpg
うーん、
モノクロ仕上げは、素人目にも何かが不足(悩

c0366041_14503924.jpg
城内の見どころは桜だけではありません。
良いお仕事をしているなぁ と感じます。

c0366041_14503738.jpg
有名な「血脈桜」、
観に来た時期が悪かったのか、
今年は「迫力」までは感じませんでした。

c0366041_14503878.jpg
そもそも、交通量の多くない場所ですので、
耳を澄ますと、海の音、風の音も聞こえてきます。

c0366041_14503965.jpg
ここに座って
居眠りでもしてみたいものです。

c0366041_14503805.jpg
函館市内から松前城までは
海岸線の国道1本しかありません。

もちろん片側1車線
時間帯の選択次第では3時間以上を要します。

c0366041_14503743.jpg
「人ごみ嫌い」でも「観桜は大好き」な方は、
前日夕刻に移動して現地で宿泊し、
早朝から城内を観覧というコースをお勧めしますね。

でも、こういう時
キャンピングカーって羨ましぃ・・

さてGW後半戦
今度は何をしようか。

[PR]

by 108_lapis | 2015-05-04 15:33 | 思うこと | Comments(2)

Commented at 2015-05-04 23:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 108_lapis at 2015-05-04 23:59
>motokids8さん
わざわざご来訪いただき、恐縮です。
当方、放浪的感覚で皆様の作品を巡っています。

等倍上等 高解像度こそ正義 といった感じに馴染めず、
ネットの投稿写真で観たFujiの画造りに衝撃を受け
乗り換えるにあたっては、レンズ固定の機体にして身体で覚えよう
としたまでは良いものの、やはり素人・・四苦八苦しています(あはは

motokids8さんのモノクロ作品
単色で深みを出せる撮り方は、是非に会得したい私にとって
とても勉強になります。

ちょいちょいお邪魔に行きますが、よろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。